« 私が最も好きな画家デルボーとマグリット(陳腐な感想) | トップページ | オーステンデまでデルボーを見に行く »

ブリュッセルで行った書店

 あくまで私が行った限りで、ブリュッセルで私が行った書店について書いてみよう。20年前にブリュッセルに来たときも、書店には来ている。そこで買った本が別項で書いた今回持参した2冊の不思議な内容の本だが、そのときに行ったのは、フランスが本拠のFNACと、EC本専用の「ヨーロッパ書店」(これについては別項で書いた)であり、ブリュッセル子が行く書店は知らなかったと言っていい。
 今回もまずは大きな書店で様子を見ようと思って、繁華街のギャルリー・ド・ラ・トワゾン・ドールFNACに行った。確かに一通りのものはあったが、何かベルギー色が不足しているように思われた。
 そこで、ネットで検索し、ブリュッセルで支持の多い、アール・ロワ通りにある「フィリグラン」という書店を見つけ、行くことにした。ネット情報にあったように、真ん中にカフェがあり、ケーキやコーヒーも出しているし、奥のテーブルでは何か談論している客たちの間でピアノ演奏もしている。文学や美術は充実していて、客たちが店員にいろいろな本を聞いて、店員と客がただ本の場所についてでなく、これは面白いとか、同じ作家の前作と比べたり、他の作家を挙げてこういう感じという話をしているのを小耳に挟んだので、確かに読書好きの集まる書店なのだろう。
 ただ、ベルギー論的なものを読みたい私には歴史や時事は今一つに思えたし、何よりもまあまあ広い1フロアとはいえ、カフェを真ん中に置いて、いろいろなものを詰め込んだために、どこも狭い感じがあって、ブリュッセル子にはそれが仲間同士の親密さに思えるのかもしれないが、異邦人の私には窮屈だった。
 探しているものが見つかったのは、灯台もと暗し、今回宿泊したホテルの近くにあるギャルリー・ロワイヤル・サンチュベールの中にあった「トロピスム」という書店だった。この書店も基本は文芸中心なのだが、ベルギー論を並べた一角があって、これが私の求めていたものばかり。
「ベルギーのアルバム」という論集は、昨年出たばかりだが、政治からシャンソンまで政治・社会・文化のいろいろな視点からベルギーを論じている。この本のなかの論文でイタリア系ベルギー人の文学というものも今やあることを知って、それらの作家の小説を探したが、これもフィリグランにはなく、ここで1冊だけ見つかった。

Sthubert

 今回泊まったホテルは経済的な質素なホテルなのだが、このギャルリーの入口近くにあり、今度ベルギーにくるときも、この書店に行くためにここに泊まろうとさえ思っている。もちろん、それには、このギャルリーにいい映画館もあるからなのだが、それは次の項目で書こう。次に来るときまで、オランダ語も少しは勉強してフラマン圏の書店も漁りたい。

|

« 私が最も好きな画家デルボーとマグリット(陳腐な感想) | トップページ | オーステンデまでデルボーを見に行く »