« ドイツ・オランダの旅(5) マーストリヒト | トップページ | シチリア東岸の旅(1) コミソ »

ドイツ・オランダの旅(6) アムステルダム

 実は、私が最初にヨーロッパの地を踏んだのは、アムステルダムである。初めてイタリアに語学短期留学したときに、KLMを使ったので、アムステルダム経由となり、どうせなら経由地も見ていけばとストップオーバーにして滞在したのである。
 中央駅を出ると、24年前の最初の留学のとき、親が心配して取ってくれた、駅に最も近いビクトリア・ホテルを見かけて、亡き親たちの愛情を感じた。当時は、直行便でなく、アラスカのアンカレジ経由だったので、朝着いたのだが、ちゃんとしたポーターのいる立派なホテルで、本当に安心できた。自分で予約した今回のホテルは、ここからダム広場まで歩く。ちょうど、駅前の再開発のためにダムラックという大通りは混雑していて、雨の中、スーツケースを引っ張っていくのがなかなか酷だった。
 今回の旅はほとんどがドイツの街だったが、マーストリヒトを入れたためにアムステルダム発着になったのだが、この街でも一つ見たいものがあった。それは、長引いた改築騒動が映画にもなったアムステルダム国立美術館である。昨年4月に改装後オープンとなったのを聞き、これはぜひ見ておかねばと思ったのである。
Amsterdam
 有名なレンブラントの「夜景」も立派な展示のされ方であった。何と言っても、日本の美術館と違い、空間がぜいたくに使われていて、絵画の周りのスペースが大きい。だから、観客は多くても、鈴なりにはならないし、車椅子の人も楽に見られる。むしろ、そこがうらやましかった。
(この項は書きかけです)

|

« ドイツ・オランダの旅(5) マーストリヒト | トップページ | シチリア東岸の旅(1) コミソ »