« シチリア東岸の旅(7) ノート | トップページ | リガブーエの東京ライブ »

シチリア東岸の旅(8) モディカ

 ノートで宿泊したホテル・フローラは、旧市街の入口ポルタ・レアーレの少し手前にあり、各都市と結ぶバスの停留所の前にある。ちょうどホテルのレセプションが外側に開いた面でバールもやっていて、またバスの券売所も兼ねているので、ここを起点に他の街に出るのにも、この街に来るのも去るのも大変に都合がよい。モディカへのバスの往復切符もここで買って乗った。
 モディカは、日本語のガイド、例えば『地球の歩き方 南イタリアとマルタ』にも、JTB『ララチッタ シチリア・ナポリ』にも出ていない街である。私はシチリア観光では、これら日本語のガイドと、イタリア語版の『ロンリープラネット』のシチリアの巻を使っているのだが、こちらにも説明はあっても街の地図が入っていない。町のイメージなしに乗り込むのは、ちょっと勇気が要る。
 バスは、たぶんそうしないと路線が維持できないのであろう、ノート=モディカ間の最短距離はとらず、この地方のそれぞれの町をつないでいく。
 モディカで世界的に有名なのは、古いチョコレート店「アンティーカ・ドルチェリーア・ボナユート」である。これは今回の旅で参考にしている『Dolce! イタリアの地方菓子』に詳述されている店である。

|

« シチリア東岸の旅(7) ノート | トップページ | リガブーエの東京ライブ »