« シチリア東岸の旅(8) モディカ | トップページ | シチリア東岸の旅(9) カターニャ »

リガブーエの東京ライブ

 リガブーエのワールド・ツアーの東京ライブを高田馬場のClub Phaseで聴いた。ライブハウスは久しぶりだ。開演は午後8時、その一時間前から会場だったが、地下の小さなライブハウスなので、余地がなく、開場15分前に行ったが既に行列ができていた。前売券の整理番号順で入っていくのだが、読み上げてもいない人も結構いたので、121番なので、比較的前のほうに行けた。ただ、この年ではオールスタンディングなのが辛い。イタリア人も多く、地下の小さなホールはすし詰めで、200人ほどもいただろうか、開演近くになると何度ももう少し前に行ってほしいと言われた。
 周りのイタリア人たちの会話からも、本来はスタジアムでも埋めることができるスーパースターだが、東京ではこういう小さな会場になるため、イタリア以上に近づけることに興奮していることが分かる。
 最初の曲は前日のインターFMの番組でも流していた、聖書から題名をとった Il sale della terra (地の塩)だった。イタリアの政界の体たらくに皮肉も込めた社会派の曲である。
 これに続いて、ワールドツアーのテーマになっているアルバム、Mondovisione から、Tu sei lei, Con la scusa del rock'n'roll など、過去の曲も、Vivo Morto O X, Eri Bellissima など、アンコール3曲も含め20曲ほども歌っただろうか。2時間弱、力強い歌だった。
 こういう大人のロックが日本にはない。
http://www.ligachannel.com/febbraio-liga-concerto-tokyo-e-shanghai

|

« シチリア東岸の旅(8) モディカ | トップページ | シチリア東岸の旅(9) カターニャ »