« ドイツ北西部の旅(7) ハノーファー | トップページ | 姉妹都市の組み合わせの妙 »

歴博で日独修好150年の展示を見た

 今週後半は天気が悪そうなので、国立歴史民俗博物館(歴博)の企画展「日本とドイツをつなぐもの 日独修好150年の歴史」を見てきた。佐倉に行くのは小旅行だったが、内容は充実していた。
 この展覧会があることを教えてくれたのは、ドイツ大使館のfacebook記事だった。それを見て、すぐ思い当たったのは、昨年、大学院でイギリスからの留学生に幕末・維新外交を講じたのだが、そのとき参考にした本のなかの一冊、福岡万里子『プロイセン東アジア遠征と幕末外交』(東京大学出版会、2013年)だった。プロイセンはヨーロッパでは後進国で日本への働きかけも英米露などより遅れたし、まだドイツが統一される前で、プロイセンの外交使節は様々な領邦国家やハンザ都市まで代表していて、交渉相手となった日本側が困惑したことなども書かれていて、ドイツでの史料研究を経た専門的な博論研究の成果なのだが、史書としても楽しく読める本だったので、よく覚えていたのだ。
 実際来てみて、ビラを見て知ったのだが、福岡万里子氏はこちらにお勤めだったようで、期間中にこちらで講演もされている。展示も幕末から始まっており、プロイセン一国相手と思ったら32か国も代表しているとわかり、交渉難航からか外国奉行の一人が切腹したり、プロイセン側からも混乱を避けるためにハンザ都市から天皇への手紙を渡さなかったなど、初期の交流が滅法面白い。
 私の教育上の知識として勉強になるものが多く、まずは外交文書。日普修好通商条約、日独防共協定、日独伊三国同盟条約には「複製」と書いてなかったが、あれは原本なんだろうか。また、大学で教える者として、明治以降のドイツ留学生に関わるもの、あるいは日本に来たお雇い外国人に関するものも面白い。
 展示は時代を追って、第1次世界大戦(当時は欧州大戦への参加でなく「日独戦争」と意識されていたらしい)によるドイツ人捕虜の国内収容関連の品々から、やがてヒトラー時代に移り、ヒトラー・ユーゲントの来日時の映像なども面白く、戦後はどちらも敗戦の瓦礫からの出発、吉田訪独、アデナウアー来日と続く。
 近現代史の勉強になり、国際関係論を教える私にも、日本と国際社会の出会いとその後の日本外交について学ばせてくれるよい展示だった。この企画展は長崎や鳴門といったドイツとの交流のある街を回ったあと、来年、横浜に戻ってくるらしい。

|

« ドイツ北西部の旅(7) ハノーファー | トップページ | 姉妹都市の組み合わせの妙 »