« アマチュア無線の思い出 | トップページ | ヨーロッパの守護聖人たち »

イタリア&欧州100都市踏破を目指す、私的なこだわり

 海外旅行が好きである。若いときはお金がなくて、仕事に関係のない海外旅行はできなかった。ようやく40代後半になって、その余裕が少しできてきた感じである。また、それなりに責任のある仕事が増えて、これまで以上に仕事のストレス解消のため、休暇が必要になってきていることもある。
 同じ年代には100名山登頂を目指す友達がいるが、私も、イタリアが多数の個性的な都市で成り立っていることからよく言われる言葉「チェント・チッタ」(直訳すれば「100都市」だが、文字通り100に留まらない多さを含意)にならい、定年までにイタリアで100都市、イタリア以外のヨーロッパ諸国で100都市に行こうとしている。もちろん、これ以上の人もたくさんいるだろうが、老後にも備えないといけない(定年以降はあまり余裕はないだろう)ので、その中で自分で実現可能な目標としたものだ。
 もちろん、こんなことにこだわる必要はまったくない。ただ、一つ言えることは、私が職業的には国際関係論とヨーロッパ政治を教える大学の教師であることで、やはり大学風辺や本だけの知識でなく、いろいろな街を見たほうが、教師としてもいいだろうということ。もう一つ真面目な理由は、国境線が何回も変わり、人の移動も多いヨーロッパは国単位だけではとらえられず、個性ある都市をたくさん見ないとよく分からないということだ。
 街の数え方には私独自のルールを作っていて、その街の胆である何かを見て、1回以上食事したところ(ただし、孤立した遺跡など物理的に食事が難しいところを除く)を、基礎自治体(市町村)単位で1つと数え、明らかに一つの都市の延長部分に当たる街は数えず、単に通過しただけの街も含めない、というものだ。このルールを適用すると、現在イタリアが41、イタリア以外のヨーロッパが42であり、重い病気になったり、失職したり、日本経済が崩壊しなければ、14年後の定年までにちょうど達成できるだろう。
 どれだけ見ても分からないことはいっぱいある。全部知ることなどできないし、その必要もない。ただ、多く見たほうがいいことは間違いないだろうし、その方が楽しいだろう。

|

« アマチュア無線の思い出 | トップページ | ヨーロッパの守護聖人たち »