歴史教育を大胆に再編できないか

 本の街、神田神保町で働きながら、それらしいイベントになかなか参加できずにいたが、昨夕、東京堂書店で、佐高信氏の新著『平民宰相 原敬伝説』(角川学芸出版)のプレゼンとして、佐高氏と加藤陽子氏の対談があった。最初から最後まで両氏のお話はとても面白く、含蓄があった。原敬と犬養毅の比較、小沢や菅など現代のリーダーへの連想、100年経った大逆事件での秋水と大杉栄など、どの話も一瞬も退屈することがなかった。
 そこで考えさせられたのは、加藤教授が『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社)を書かれた理由だ。この本が書かれたきっかけに、加藤教授が高校生に行った授業がある。東大文学部で教鞭を執っておられる加藤教授は、いつからかご自分が教授する3年生以上の学生より若い学生に近現代史を教える必要を痛感されたという。
 ここからは私の個人的な考えで、加藤教授の提起されている問題とは少し違うが、私も学生には早い時期に歴史をもっと選択的に徹底的に学ばせる必要があると思っている。
 高校にあれだけ世界史などの科目が設定されているのに、授業をしていて、歴史が分からないから国際政治の話も何も分からないというリアクションを何回も見て痛感したのは、学生に不足しているのは、必ずしも知識量ではなく、加藤教授の本が与えてくれるような、歴史事象を徹底的に考える機会が少ないのではないかと思った。
 高校世界史の内容構成は、実は今日から見て本当に必要な知識というよりは、かなりの部分、歴史学の業界の勢力分布の反映である。だから、古代も中世も近現代も中国に、イスラムに、ヨーロッパにと、まだグローバルに世界史が連動しないうちから、いろいろ舞台が変わり、かつ必要以上に名辞を覚えさせられるから、それが主になってしまう。しかし、明以前の中国の王朝、イスラムの王朝の知識はどれだけ今日の世界を理解するのに必要だろうか?それ自体の重要性は疑わないが、それは大学で好きな人が学問としてやればいいだけのことだろう。
 民主主義の概念を作った古代ギリシャと中国の古代文明が教育上(学術上でなく)等価だとは私には思えない。それは西欧崇拝ではなく、冷静に現代の世界を動かしている主軸の国々を見極める、いわば、わが国生存のための現実的なニーズである。グローバルな世界史の連動が起きる前の時代は、ヨーロッパをメインに、近代以前の中国やイスラムは文明の特徴でもざっと見て、近現代史を徹底的に学べばいいのではないだろうか。こうした地域や時代の専門である大学教師と高校教員が、あれもこれもと知識を入れ込まないことを望む。
 

|

希望は義務である

 初めて自分が卒業論文を指導した学生を卒業式で送り出した。当然、こういうときには、私のような者でも「先生からのひとこと」を求められる。最初の卒業生ということで、しゃべりすぎてしまった。しかし、この日のいいところだが、それをとがめる人はいない。
 贈る言葉として引用したのが、イタリア人最後のローマ教皇、ヨハネ・パウロ1世の言葉とされる「希望は義務である」という言葉である。私にこの言葉を教えてくれたのは、私の卒論主査教官であった西澤龍生先生(西洋史)である。卒業式の折りではなく、冷戦崩壊時のカトリック教会のことを話していたときに、ふと教えてくださった。先生は、このシンプルな言葉にキリスト教やヨーロッパ史の独特のニュアンスがあって、その革新性を深く理解されていたに違いないが、私はその理解もなく、誤解も覚悟で、勝手な解釈も入れて、密かに座右の銘にしてきた。
 そもそも、speranzaは確かに辞書的にも「希望」と訳されているが、それぞれの言語での守備範囲は異なる。言語学的な知識を持たない私の印象では、speranzaにはときに、日本語の「希望」以上の、「現状を変革する」というニュアンスすら感じる。(間違っているかもしれないが。)
 現在は希望を持ちにくい時代で、大人が若者に「希望を持て」というには、あまりに若者に優しくない社会構造を作ってしまっている。事実上、多くの人には生涯に一度、新卒にしか完全にオープンな労働市場は用意されていないことなどにそれは明らかである。だから、「希望を持て」というには、「(厳しい時代状況のなかでも)敢えて」という言葉を前に添えないといけないだろう。
 残念ながら、大人は完全に絶望できない。本当に辛いと「絶望した」という言葉すら口に出せなくなるかもしれないが、それでも本当に絶望して、家族などを見捨てて、自死はできない。それは無責任だ。とすれば、どんな状況でも、どんな小さなものでも希望をそこに見いだすのは、われわれの義務なのではないだろうか。
 昨年だったと思うが、東京大学の社会科学研究所が、かつて製鉄業で栄え、その後の産業の構造転換で衰退した街、釜石を学際的に研究した「希望学」という4巻本を出したことが話題になった。釜石に東大のチームが聞き取り調査をしていくうちに、そもそも話を聞いてもらうことで、取材相手が元気になることもあったようだ。しかも、希望を持って動く人はやはり周囲を動かすということが、単に印象論でなく、調査で裏づけられたようである。
 そもそも、ここに引用した言葉も、私の誤解も含んでいるかもしれないが、翻訳は完璧な訳などないにしても、何も重要なメッセージが伝わらないほど、ダメなものでもないのである。
 ところで、実際には、ヨハネ・パウロ1世の言った言葉はこの通りではないらしい。日本語訳も見つからないので、大ざっぱに原文を訳してみる。
「ダンテは(『神曲』の)『天国編』で、自身がキリスト教信仰の試問を受ける場に立たされることを想像している。そこには、複数の試問委員がいて、聖ペテロが『あなたは信仰(fede)を持っているか?』と聞く。聖ヤコブは『あなたは希望(speranza)を持っているか?』と聞く。聖ヨハネは『あなたは愛(carita')を持っているか?』と聞く。『はい。私は信仰も、希望も、愛も持っています。』とダンテは答え、それが実証され、満点で合格となります。私は、これ(希望)は義務であると言ってきました。義務と言っても、それは希望が不快なもの、辛いものだというわけではありません。」
 この後にさらに、この言葉についてキリスト教的な説明がなされる。わたしはキリスト教徒ではないので、その内容は完璧には理解できないが、おそらく、実際の人生にはまるで神が自分を苦境に追い込むかのような、神も信じられなくなるような事態に至ることもあるが、それでも神を信じて(神は全能だから)希望を持つことが、その人の魂の救済につながる、というようなことが書いてある気がする。だから、ヨハネ・パウロ1世の言葉には、やはり神の存在が裏打ちされているから、私の勝手な解釈は、誤解と言えば誤解で、簡単にその証明もできる。
 ところが、おもしろいことに、この教皇は、キリスト教が生の充溢を奪い希望を失わせたとしたニーチェをちゃんと読んで、それに応答していることである。つまり、ニーチェがキリスト教にないと言っているものは、実はあるんだ、と。
 だから、あえて誤解して、私が上記のようなことを述べても、許されると信じている。そもそもこの言葉をキリスト教信者だけのものにしておくのは、惜しい。

|

エラスムスって天神様?

 NHK文化センターでの社会人向け講座の担当回3回分を終えた。主たる講師の児玉昌己先生へのお手伝いで話していたが、EUの域内留学支援計画の名前になっているエラスムスを説明する際に、エラスムスはヨーロッパの人文主義者の矜恃を表すアイコンで、その肖像があちこちで持たれ、船の舳先に像が彫られることもあったのですよ(これはカッチャーリなどからの受け売りである)などと語って、思わず、日本の天神様(菅原道真)と少し似ていないこともないですね、などと続けた。
 が、話しているうちに気づいたが、確かに太宰府天満宮で学問の神として全国的に知られていても、これは私が北陸の生まれであるという特殊な条件にあることからの発想だと気づき、慌てて補足した。
 私の郷里では、男の子が生まれると、母方の祖父が地元の絵師や画家(必ずしもプロでない、絵がうまい人)に描かせた天神様を描いた屏風を贈り(同じように鯉のぼりも贈るのだが、私の場合、父方より母方の家が有力で、鯉のぼりが家に比べ大きすぎて飾れなかった)、正月にはそれを毎年、床の間に飾るのである。私の家の場合、仏間に床の間があるから、仏壇の横に、父の天神様と私の天神様の屏風が二本並んだ。昔の人物によくあることだが、絵師によって描き方が全然違い、父のふっくらした天神様と私の怜悧な天神様は果たして同一人物かと子ども心に思った。
 私も父も年を取ってぐうたらになり、飾らなくなってしまった。でも、思い出すと、いい習慣だったと思う。こういうのを聞いて、なんで女子にはないんだ、などとフェミニズム的発想で斬らないでね。

|

やそだの授業(1):COP15の教室における再現

 女子大に着任して2年、授業もまさに試行錯誤の連続だった。担当科目は非常勤時代に教えた科目ばかりで、本当に信じられない偶然で枠にはぴったりはまったが、教え方は、法学や政治学の科目がたくさんある大学とは全然異なる環境なので、まったく異なるものを考えないといけない。
 国際交渉に関する説明なども、過程の説明やビデオ以外に何か工夫がないかと思ってきた。特に、COP15(国連気候変動枠組条約締約国会議)のように、最近行われたばかりで、総括したドキュメンタリーもまだないが、触れずにおけない交渉を、少しでもリアルに認識できるような方法がないかと考えた。
 もちろん、頭にあったのは、すでに幾つかの大学で擬似国際交渉体験に使われているシミュレーションである。つまり、学生に各国の外交官や政策決定者の役割を割り振り、各国のポジションや本省からの訓令を伝え、架空の事件(現実に起こっていることとは異なるが、類推は働く事例)を起こし、それに対する各国や国際機関の対応を各自が役割を果たす中でどのように展開していくかという実験授業である。
 ただし、これは事前の準備が相当必要で、各プレーヤーが国際法の基礎と、各国の基礎条件などを十分に把握したうえでないと、できない。法学部や政治経済学部のなかでもかなりレベルの高いところでないと難しい。以前勤めていた大阪大学でもこれを行っていたのは、大学院だった。
 こうしたことは無理でも、ただ教師が口頭で説明やビデオでは、学生には所詮、他人事になりがちである。また、私の担当科目では、これだけに特化するだけの時間的余裕がない。そこで、私が2週間の交渉で目立った発言などをもとに、テレビの再現ドラマのようにシナリオを書き、各学生に役割を与えて、演劇のように演じてもらうことにした。
 少しでも雰囲気を出すように、国際会議用の机上国旗を業者から自費で買った。ちょうど、東京製旗という会社が、机上国旗のバーゲン(ただし、在庫のある国のみ、期間限定)をしていて、1本千円で買えたのである。COP15の本会議場での発言やスピーチ、別会場での講演(ゴア氏やシュワルツェネガー知事)、場外でのグリーンピースの記者会見のまねごとをすることにした。
 参加者が23人という、ちょうどいい大きさの授業が一つあったので、下記の役割を学生に割り振る。デブア国連気候変動枠組条約事務局長、デンマークのラスムセン首相とヘデゴー気候変動相(各1名、議長が途中で交代したので)、アメリカはオバマ大統領とクリントン国務長官ほか(高級官僚など交渉者も演じる)、ほかは各国1人で首脳から外交官、交渉者まで演じる。国としては、イギリス、ドイツ、EU、スウェーデン(EU議長国=当時)、日本、オーストラリア、中国、インド、ブラジル、スーダン(G77途上国代表)、ツバル(島嶼国代表)、ベネズエラ(反米?途上国)。
 フランスが入っていないのは、サルコジの演説を授業時間までに私がうまくまとめられなかったためで、国旗も用意していて、本当は入れたかった。森林寄与分を強調するロシアのポジションも面白かったが、ロシア語が読めないので、やはり再現が十分にできず、間に合わなかった。モルディブの大統領も目立っていたが、ややスタンドプレー気味だったので、同じ島嶼国で交渉の現場でがんばっていたツバルの政府代表にした。他に、講演に来ていたVIPとしてゴア元米副大統領と、地方レベルで国際的な環境政策連合を作っているシュワルツェネガー・カリフォルニア州知事を入れた。あと、ソロスのような経済人も、間に合えば入れたかった。
 このほか、主催側のIPCC(気候変動に関する政府間パネル)のパチャウリ議長と、NGOとして人名を特定せずグリーンピースの代表(複数の発言を一人の人物に合成)と、これらのすべてにインタビューする記者(名前なし)も入れた。話が途切れないように、ドラマではナレーションに当たる部分を、私がTVニュースのアンカーマンとして、ニュースとして読むという体裁をとった。つまり、「交渉○日目の12月△日には、かくかくしかじかでした。」と言った後で、学生の再現ドラマが始まるという形で、2週間を大まかに流していく。
 教室を本会議場、ゴアとシュワ知事のときには講演会場に見立て、教壇を首脳などのスピーチ用の演壇とし、その横に長テーブルの議長席を起き、教室の端を場外に見立て、そこにグリーンピースと記者を置いた。会議の2週間が1コマの授業時間に収まるように、それぞれの発言は、主要部分を編集し、1分から2分くらいにしてある。
 結論や本筋を変えない程度のアドリブはあり、としたら、学生の側から、私がシナリオに書かなかった部分の発言も調べてきて付け加えた学生や、チャベス・ベネズエラ大統領のような悪キャラをそれらしく演じようとした学生もいて、結構見ていて面白かった。
 本格的なシミュレーションでないので、シナリオを書き、学生を駒に使った自己満足かもしれないが、ただ私が一方的に説明するよりは、交渉の複雑さは分かったのではないかと思う。難点も幾つか分かったので、新学期にもう一度、別のクラスでやってみて、よければ、シナリオや教室内の配置図をこのブログの親サイト「やそだ総研」で公開したい。ただ、当日撮った写真は、学生の顔がはっきり映っているものが多く、悪用防止や個人情報の観点から、ここではお見せできないのが残念である。
 
 

|

知らなかったこと(2):「~」の読み方

「~」という、日本語で「~から」などの意味でよく使う記号の読み方をご存じだろうか。「波ダッシュ」というらしい。お恥ずかしいことに、私は論文指導をする大学教師でありながら、最近まで知らなかった。「にょろ」とか読んでいた。
 言い訳をさせてもらうと、横文字の論文ではまず見たことがない、日本語でよく使う記号なのだ。もっとも、欧米でも特殊な用途に使うことがあり、まったく使わないわけでなく、wave dashのような英語名称もあるようだ(一般的ではないだろうが)。卒業論文などで、副題を挟むのにダッシュ(-)を左右につけることがあるが、その代わりに、「-」よりかわいい、ということで「~」を使おうとする学生に、横文字ではそういう使い方はしないから、やめておけ、などと指導していた。私自身は「~」がかわいい、というのはちょっと分からない。
 読み方は分かったが、いつ誰がこういう記号を作ったのかが分からない。別に個人名でなくとも、アルファベットのもとを作ったのが、フェニキア人とか、そういうざっくりした民族名、国名でもいいのだが。
 

|

通信教育はEUと同い年?

 地下鉄の車内広告で、日本女子大学の家政学部に通信教育課程があることを知った。法政、慶應、中央、日本の各大学と5大学合同の通信教育説明会の案内だったが、当然、文学、法学、経済学の通常、通信教育としてイメージできる文系学部のほかに、家政学部の通信教育があったのは意外だった。もっとも、私の勤め先でもそうだが、今日の家政学部は、昔と違い、洋裁や食物に留まらず、生活デザインなども含む。
 大学での通信教育というものも、これらの大学では60年の歴史があるという。日本女子大学には、大正期に既にあったし、戦後すぐ慶應や法政でも始まっていたようだが、通常の課程と同様に正規の大学課程として認定されたのが、1950年だったようだ。復興途上にあった占領下の日本では、まだ大学進学者は少数派で、苦学していた人も多かっただろう。
 同じ年にEUのもととなるシューマン・プランが発表されている。つまり、変な言い方だが、EUの歴史と日本の通信教育の歴史はほぼ同じ長さ、ということ。

|

21世紀の大学の条件

 先日、顧問をしている学生サークルの会合で早稲田界隈に行った。地下鉄駅の地図で、駅近くに「国境なき医師団」の日本事務局があることを知る。ということは、この著名な国際NGOが早稲田大学の近くにあるということになる。
 もちろん、これは、たまたまそこに物件があっただけかも知れず、早稲田大学と関係はないのかもしれない(早稲田に医学部はないし)。しかし、物件を選ぶときには、付近に大学があるということは、他の物件よりは魅力的だったのではないか、と勝手に想像した。
 そう思ったのは、以前、ここで書いたように、明治大学に「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」の東京オフィスがあることを知ってからだが、校舎の内外を問わず、NGOやNPOと連絡がとれることはこれからの大学に重要である。本来、じっくり考える学識と現場の知恵や経験は相互補完的なはずだ。都心にある大学は各種機関へのアクセスもよく、情報源や行事の開催場所としても重要なはずだ。
 女子大も、ジェンダーを授業だけで教えるのではなく、女性に関する諸問題に取り組むNGOやNPOが間借りしていてもいいのではないか。
 

|

明治が熱い

 NHK衛星第1で、明治大学の学生とゴルバチョフの対話を準備段階から追った番組が放映された。ゴルバチョフ来日はこれが初めてではないが、今回は学生有志が対話のための招致委員会を作って、何度も議論を重ね、学生らしい質問を用意して、ありきたりの話にしないようにしていた姿がよかった。番組で見る限り、それに成功していると思う。学生の相談役として旧知の川嶋周一氏の姿もあった。こういう生きた勉強を学生にさせている明治がうらやましいし、大学とはかくあるべきと勉強させて頂いた。
 明治では最近、リビアの指導者カダフィとの衛星対話もあったと聞くが、懐の深い大学だ。国際人権運動組織「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」の東京オフィスも明治大学のなかにあると、週刊誌で読んだ。わが職場から歩いていける距離の、明治が熱い。

|

「教育大式」史書講読

 どんな学校、どんな会社にも、自分たちが開発したという「○○方式」という勉強や仕事の仕方があって、外部には全然有名でなく、実際にはどこか他でやっていてもおかしくないというものがある。
 私が出た筑波の前身は東京教育大学(もう知らない人も多いだろう)といい、この大学は名前に反して、教育学部だけでなく、文学部、理学部、農学部、体育学部の5学部を持つ総合大学だった。これは、それぞれの前身が東京高等師範学校、東京文理科大学、東京農業教育学校、東京体育専門学校なので当然なのだが、進学校で有名な筑波大附属駒場中学校・高等学校は、実はもともと農業教育学校の附属で、私も教育実習に行ったが、確か水田を持っていて、今も校長は筑波大の農学(今では生物資源学?)の教授が兼任しているはずだ。
 私がいた西洋史学は、教育大時代に筑波移転に反対した人が多いらしく、教育大では西洋史は強かったのに、その名残は私の恩師ともう一人だった。その恩師が教えてくれたのが、「教育大式」史書講読である。
 恩師は、西洋史学につきものの「史書講読」の際に、例えば、フランス革命の理解にドイツ語のフランス革命研究書を読むような、渦中の事件が起こったその国の言語でない言語で読ませようとする。それは、ヨーロッパはどの時代でも各国が単独に動いていたのでなく、国境を越えた政治、経済、社会の動きに敏感になるためと、その国特有の歴史解釈、文体などを客観的に批判的に見る視点を身につけるためで、実際に教育大時代には、そのような本を選んで読んだという。
 おそらく、そこには、フランス革命を研究するなら、フランス語の本は自分でたくさん読んでいて当たり前、その上にさらにドイツ語でも読むようでなければ、という、とても気合いの入った教育方針もあったのだろう。
 私は西洋史学ではドイツ語が主流のなかでフランス語を選択し、西洋史学専攻に入ると、案の定、ドイツ語とスペイン語を読まされた。もちろん、手に負えない。友人と共同戦線を張り、当たらずとも遠からずの訳で先生を誤魔化しつつ、何とか乗り切った。ときどき、西洋史の授業ではラテン語も出てくるぞ、ということで隣接の言語学のラテン語も取りに行ったが、私は、柳沼重剛先生(岩波文庫のプルタルコスの訳者)の落語のように面白い余談ばかりを楽しみに授業に出ているダメな学生だった。途中、イタリア語と出会ってしまうが、いまだに自慢できるほどの語学力はない。
 本当に不勉強だな、と思う。

|

筑波方式、今になって普及?

 学部生時代、全国で自分の通っていた大学(筑波)だけが「学部」「学科」名称を使わず、学群、学類という名称を使っていたので、よく履歴書や願書の書式に予め「学部」「学科」と印刷してあるのを手書きで訂正していたものである。さらに教員組織は「学系」といわれ、特に文科系は教育組織と研究組織が必ずしも一致せず、その学際的教育の理想とは別に、日常的にはその複雑さから様々な不便があった。現在では、筑波の組織はとても分かりやすく再編されている。

 その後、桜美林大学にも「学群」「学系」という組織があることを偶然知ったが、最近、しばらく会っていない友人の所在を確かめるために検索をかけたら、国立大学の独法化、私立大学の競争激化で、全国の大学組織の名称がかなり多様化していることに気づいた。

 院生時代に東大に「情報学環」という学際的な研究組織ができたことは知っていた。筑波方式も少し広まっており、和洋女子大学は今年度から学群・学類体制になっている。驚いたのは、郷里に近い金沢大学も今年度から学域・学類制に移行を開始していること。さらに調べると、驚くのは遅かったと見えて、福島大学ではすでに2005年度から学群・学類・学系になっていたのだった。

 大学の世界から離れた一般の方々からは分かりにくいと思うのだが、こうした編制替えにはそれなりの意味がある。実は、筑波もこういうシステムをとったのは、もともと前身の東京教育大学はその名に反して、文学部、理学部、教育学部、農学部、体育学部と5学部もあったので、新設の医学と体育・芸術を専門学群にして、他を第一から第三の学群(最近、こういう「ナンバー学群」はなくなった)に再編し、それまでなかった分野も含めて、本来学科レベルの位置づけの多数の学類を作り、その学類はまるで一個の学部のようなアイデンティティーを持ちながら、大学部である「学群」に入るようにしたのである。この説明で分かりにくければ、例えば、法学部を単体で作りにくい規模の大学の場合、法学が経済学、社会学などと一緒に社会学群的なものを作り、学科レベルでミニ法学部を法学類として作ると考えればいい。国立大学の場合、全国的なバランスもあり、勝手に組織を拡大できないから、学部数はかわらずに中身を再編するという、今考えると対行政的にうまくできたアイディアだったと思う。

 ただ、全国各地でこういう再編が始まったことには、若干、心配なこともある。学類レベルの独立性が高まると、学群の意味が問われることにもなる(私自身、人文学類は自分の出身学部のような認識だが、第一学群には何の郷愁もない)し、命名によっては、これまでのように同分野の同名学部での比較が難しくなるかもしれない。使い方によっては、本来必要な改革をせず、設備、人材の不足を組織の名称変更でカムフラージュする危険性もある。

 旧七帝大では、学部名に相当のプライドがあり、絶対変えないだろうが、中小の大学、地方の大学では、独立化、自由化のために、今後もこういった名称の改編はまだまだありうるのではないかと思う。冗談交じりに想像すると、学苑、学淵、学船、学荘、学苗、学田、学畑、学場、学叢、学森、学洞、学団、学軍、学海。案外、明治期にはあった「学舎」(現・二松学舎大学)など、いい言葉なのですが。「学空」「学泉」「学源」だけはないな。神の領域だから。

 そこで、いっそ思い切ってアメリカの大学のように学部組織を一本にして、無数の専攻が並んでいる形式をとってはどうだろうか。何学部でなく、自分は何を専攻したという明確な意識を持ったほうが、旧帝大的な権威意識も、新規の名称インフレも払拭できていいのではないだろうか。

 わたしは根っからのヨーロッパ信奉者だが、ヨーロッパの学部区分は、やはりリセやギムナジウムで基礎教養ができているからこその名称ではないかと思い始めた。自分が○○学部の教員であるとか、そういう飾りを捨てて、○○学の教員、と裸で勝負したい気持ちがしている。

|

より以前の記事一覧